トップ

リラクゼーションの基本を知ろう

リラクゼーション体操

未来

リラクゼーション体操の効果

リラクゼーションとは緊張をほぐし精神的に安定した状態を指し、リラックスした状態や休息を意味します。リラックスするためには、複式呼吸をしながら行なうゆっくりとした体操が効果があります。複式呼吸をすることで自律神経を調整し、交感神経の興奮を抑え、副交感神経を優位にしてくれます。また横隔膜が上下に動く事で、血行促進や胃腸の働きも良くなります。ヨガやストレッチ、太極拳などがお勧めです。体操する事が無理でも、お腹が上下する事を意識しながらゆっくりと複式呼吸をするだけでリラクゼーション効果が得られます。疲れが溜まったりイライラした時などにしてみると、落ち着いた気分になれます。

体操でリラックス効果

リラクゼーションに体操はおおいに効果があります。凝り固まった体をほぐし、血行をよくして、呼吸をゆったりと整えることで、ストレス解消になり、寝つきもよくなります。呼吸を止めないように気をつけて、身体のどの部分に効いているかを意識しながら体を曲げたり伸ばしたりしてみましょう。決して反動をつけて激しく動いたり、痛みを感じているのに無理して曲げ伸ばししてはいけません。デスクワークの合間や、寝る前などのちょっとした時間を利用してリラクゼーション体操をすると、いい気分転換や肩こりの解消にもなるのでおすすめです。

↑PAGE TOP

© Copyright リラクゼーションの基本を知ろう. All rights reserved.